■■■ アルトノイラントコーヒー ■■■
| メニュー表 | ご注文はこちら | ご質問はこちら |


珈琲発見の伝説

 実は、コーヒーが発見された年代については、定かではありません。
 W・H・ユーカース著の『オール・アバウト・コーヒー』では、

   ・山羊飼いカルディの発見伝説
   ・鳥と僧侶オマールの発見伝説   

 が、記されています。

 多くの発明や発見には、偶然がつきもので、珈琲も例外ではないでしょう。
 ただ、「発見は偶然だ」などと言い切ってしまうのも、少し味気ない気がします。

 ここに記した発見伝説はよく知られている物語のものなのですが、
 他にも様々な物語がありますので、気になる方は、色々と調べてみると面白いですよ。



山羊飼いカルディの発見伝説  【6世紀エチオピア】

 ある日、アビシニア高原に住むカルディが山羊たちを新しい牧草地に連れて行くと、なぜか山羊たちが興奮して小躍りし、夜になっても眠ろうとしません。困ったカルディは近くにある修道院に相談に出向きました。

 調べてみると、どうやら丘にある赤い木の実を食べていることがわかりました。その実をゆでて、その汁を飲んでみると夜になっても眠くならなかったのです。

 そして僧長は、修道院の夜の礼拝で居眠りをしてしまう僧侶たちに飲ませてみようと思いつきました。試してみると、その効果は上々。それからは、夜の礼拝があるときは、必ず赤い実を煎じて飲むようになり眠らない修道院と言われるようになったのです。



鳥と僧侶オマールの発見伝説  【13世紀イエメン】

 イスラム教の僧侶シェーク・オマールは、無実の罪でアラビアのモカからオウサブという土地へ追放されました.。山の中には何も食べ物がなく、さまよい歩いていると、小鳥が赤い木の実をついばんで陽気にさえずっているのを見つけました。

 オマールは、その赤い実を摘んで、煮こんでみると、すばらしい香りが漂うスープができたのです。早速飲んでみるとみるみるうちに疲れが取れ、心と体に活力がもどってきたのです。

 こうして赤い実の不思議な力を知ったオマールは、この実を使って多くの病人を救いました。この評判が故郷にも届き、罪を許されて再びモカにもどり、さらに多くの人々を救いました。それによってオマールは、聖者としてあがめられるようになったそうです。





 コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液
 コーヒー伝播史 関口一郎
 コーヒー学講義




http://alt-coffee.com/
http://plaza.rakuten.co.jp/hicafe/



HOMEメニュー表恥ずかしい過去コーヒーのコツ|コーヒーの勉強|
注文する販売元hicafe上海コーヒー日記|上海関連情報|リンク|


Copyright All Rights Reserved by Altneuland Coffee